投資・収益物件

ご希望に添った物件をご紹介いたします

区分所有、1棟マンション、ビルなど、投資家の皆様のご希望に添った物件をご紹介いたします。不動産活用は、立地・周辺環境・市場の動向など、様々な要素から適切な判断をしなければなりません。当社では、オーナー様の目的や想いを大切にし、賃貸マンションやアパートとしての活用や借地など、様々な活用方法をご提案いたします。

土地・不動産の活用

一番大切なのは、どのような目的で活用をしようと思うのかをはっきりさせることです。収入を得ると一口にいっても、短期的に高収入を得たいのか、あるいは収入はそれ程多くなくても長期的に得たいのか、といった点を具体的に考える必要があります。果たして収益が上がるのか、相続の関係など、土地活用を決定する前に障害となるものを探していき、対処が可能かどうかも確認してください。このあたりからは、専門家などに相談をしてみるのも大切です。

収益物件活用の目的

収益の確保

最初に綿密な活用計画を立てておけば、長期にわたって安定した家賃収入が見込めます。 土地は、ただ持っているだけではプラスを生みません。地域や時代、入居者のニーズ、家賃設定などを的確に設定し、着実な運用を行えば、有効な資産運用方法として、預貯金の金利を大きく上回ることが期待できます。

固定資産税対策

土地は、ただ持っているだけで一定の維持費がかかります。その費用の代表格が税金です。大切な土地を、少しでも税金の負担を少なくしながら、維持していくために有効な手段こそ、賃貸住宅経営に代表される「土地活用」となります。

地域への貢献

上手に活用できれば、地域にお住まいの方々にも大きなメリットが生まれます。介護施設や診療所など、公共性が高いものは勿論ですが、コンビニや商業施設も、地域にとっては重要な存在となります。

用途

住居用

アパートやマンションを、賃貸住宅として入居者に貸します。税制面でのメリットが大きく、また、賃貸住宅需要は根強いため、活用方法の主流となっていますが、空室リスクにも配慮が必要です。

  • アパート
  • マンション
  • 戸建賃貸
  • 社宅・寮

医療介護施設

日本は、今後2020年には高齢化率が30%を超え、超高齢社会を迎えることになります。しかしながら、病床は今後削減され、社会的入院と呼ばれる方の行く先も現在不安視されているところです。さらには、介護施設や高齢者住宅も供給が追いつかない状況になることが予想されるため、医療・介護は、今後大きな需要が見込める事業の一つなのです。

オフィスビル・商業用ビル

アパート・マンションと同様賃貸しますが、対象は企業や店舗です。アパート・マンションと比べ、賃料は高くなりますが、建築コストや経営リスクは高くなります。

処分

売却

不動産会社と媒介契約を締結し、不動産会社が購入者を探します。そこで見つかった購入者に、土地を売却します。場合によっては、不動産会社自身が購入者となることもあります。

等価交換

  • 土地オーナーが所有する土地の上に、共同事業者が建築費などの事業費を出資してマンション・オフィスビルなどを建設
  • 出来上がった建物を、それぞれがその出資比率に応じて配分するといった開発方式

空き家問題

ベテランの空き家相談士が、空き家に関するお悩みを解決します。ぜひお気軽にご相談ください。

競売物件もおまかせください

当社が、不動産競売でマイホームの購入や投資用不動産の購入のサポートをさせていただきます。